電話番号

営業時間:
10:00~18:00
定休日:
火・水

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの返済が厳しくなった!その時取るべき手段とは?

住宅ローンの返済が厳しくなった!その時取るべき手段とは?

≪ 前へ|住宅ローン返済中の家でも売却できる!気を付けたいポイントをご紹介   記事一覧   住宅ローンにおける団体信用生命保険とは何?|次へ ≫

住宅ローンの返済が厳しくなった!その時取るべき手段とは?


今回は、住宅ローンの返済が難しくなった方に向けて、返済の相談方法や対処法についてご紹介いたします。
昨今のコロナウィルスの影響も相まって、日本の経済状況は困難に直面していますね。
そんな情勢のなか、住宅ローンの返済で悩んでいる方も増加傾向に。
住宅ローンの返済が難しい場合の相談先や救済措置について把握して、ぜひ、今後の参考にしてみてくださいね。

住宅ローンの返済が難しい!延滞する前に関係機関に相談しよう


住宅ローンの返済が難しいと感じたら、延滞する前に、まずはお金を借りている金融機関や売却の手助けをしてくれる不動産会社などに相談しましょう。


払えないからと延滞してしまうと、優遇金利の適用を除外されたり、債権者(ローンを組んだ金融機関)によって強制的に家を売却されたりする可能性も…。


そのため、相談はできるだけ早い段階でするのがオススメです。


延滞が続き、どうしようもなくなってから連絡しても、相手も対応に困ってしまいますね。
国の状況をかんがみて、特に現在は、柔軟に対応するよう金融庁が金融機関へ求めているため対応してもらいやすいでしょう。


金融機関では、返済のための相談窓口も設置されています。


住宅ローンの返済が難しいからといって、消費者金融や家族からの借金はトラブルのもとになるケースもあるため、注意が必要です。



住宅ローンの返済が難しいと感じたら救済措置をチェック!


では、金融機関に相談すると、どのような救済措置を受けられるのでしょうか。


返済猶予
 一定期間、利息のみを支払い元本の返済を免除してもらう


ボーナスでの支払いの見直し
 ボーナスでの支払いをカット、もしくは割合を減らして、月々の支払いのみにしてもらう


返済期間の延長
 返済期間を延長し、月々の支払いを減額してもらう


返済の減額
 一定期間、返済の金額を減らしてもらう


これらの救済措置を受けるには、金融機関による審査の通過が必要です。


契約者の状況の変化などに応じて、金融機関ごとに判断します。
そのため、残念ながら救済措置が受けられないケースも…。


その場合、いったん売却して家賃を払いながら同じ住居に住み続けるリースバックや任意売却、ローンの借り換えなどの方法もあります。


また、救済措置を受けられた場合でも負担が免除されるわけではなく、あくまでも猶予をもらえるだけです。
長期的にみるとトータルの負担が増えてしまうことになるため、慎重に選択しましょう。



まとめ


今回は、住宅ローンの返済が難しい場合の相談方法や対処法について、詳しく紹介しました。


想定外の事態に陥った時は、早い段で何らかの手を打つことが重要です。


住宅ローン返済が順調だったとしても、
動じずに対処できるよう心構えだけはもっておくことが大切ではないでしょうか?

≪ 前へ|住宅ローン返済中の家でも売却できる!気を付けたいポイントをご紹介   記事一覧   住宅ローンにおける団体信用生命保険とは何?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る