048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 転職直後でも住宅ローンは組める?勤続年数がポイント?

転職直後でも住宅ローンは組める?勤続年数がポイント?

≪ 前へ|住宅ローンの返済が厳しくなった!その時取るべき手段とは?   記事一覧   旗竿地を購入するときに考えたいポイント!メリット・デメリットとは?|次へ ≫

転職直後でも住宅ローンは組める?勤続年数がポイント?

カテゴリ:住宅ローン

転職直後にマイホームを購入する場合、住宅ローンの審査に通りにくくなると耳にしたことがある人も多いかと思います。

今回はそういわれる理由や、実際にその様な傾向があるのかご紹介いたします。

勤続年数


住宅ローンを組む上で一番重要なことは、返済計画をきちんと履行できることです。

勤続年数が長い人は、安定した職場、収入があるという分かりやすい目安になるので、やはり住宅ローンも組みやすくなります。

勤続年数が1年未満だと、安定性に欠けるとみなされたり、待遇面でのミスマッチが不安視されたりすることがあるため、住宅ローンは組みにくくなります。


転職直後でも住宅ローンが組める場合


たとえば「フラット35」では、勤続年数が審査項目に入っていないので、転職直後でも住宅ローンの申し込みが可能となります。

また、転職を経て収入が増えている場合など、キャリアアップができている場合には、勤続年数が比較的短くても住宅ローンの申請が通ることも珍しくありません。

その場合は収入証明書のかわりにこれまでの職歴が記載された職歴書や、勤務先が発行した雇用契約書や年収見込み証明書などの提出を求められることがあります。


住宅ローンが組めない理由は


住宅ローンの申請が否認される理由は収入や勤続年数だけでなく、借入状況が必ずチェックされます。
教育ローンや自動車ローンなど、すでに複数のローンを組んでいる場合は審査に影響が出ます。


クレジットカード、キャッシングの支払い、携帯電話料金の支払いなどで滞りがある場合も悪影響になるでしょう。

過去の借入状況の情報は最長5年まで残るため、過去5年間で返済事故を起こしていると、ローンが通らない可能性が高いです。

住宅ローンが組めない理由はさまざまですが、やはり勤続年数が長いとが住宅ローンは通りやすいのは事実です。

とはいえ、転職が以前より一般的になってきた影響もあり、勤続年数がそれほど重視されなくなってきているのも事実です。

十分な収入・資金計画があれば、勤続年数の短さを補うことが可能です。

審査で引っ掛かってしまう場合には、転職直後以外の理由がないか、特に他のローンや各種支払いなどで問題がないかを確認して、問題の芽を摘みましょう。



まとめ


今回は住宅ローンが組めない理由をご紹介いたしました。

さまざまな理由がありますが、勤続年数が理由でローンが組めない場合は、その間貯蓄をして待った方がよいでしょう。

勤続3年で9割方ローンは組めるので、足止めを食らう期間はさほど長くありません。

理想のマイホームのためとなれば3年も案外早いのではないでしょうか。

≪ 前へ|住宅ローンの返済が厳しくなった!その時取るべき手段とは?   記事一覧   旗竿地を購入するときに考えたいポイント!メリット・デメリットとは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る