048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 空き家の火災問題について解説!火災の原因と対策は?責任は誰にある?

空き家の火災問題について解説!火災の原因と対策は?責任は誰にある?

≪ 前へ|永住権なしの外国人が住宅購入や住宅ローン利用をすることは可能なのか?   記事一覧   不動産売却時の必要書類とは?売却前から決済まで解説!|次へ ≫

空き家の火災問題について解説!火災の原因と対策は?責任は誰にある?

カテゴリ:売却

空き家の火災問題について解説!火災の原因と対策は?責任は誰にある?

今回は、近年急増している空き家問題のなかでも「空き家の火災」について取り上げます。
空き家火災の主な原因とは何なのか、火災リスクを低減するための対策としてはどのようなものがあるのか、そして空き家火災の責任は誰にあるのか、それらについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家増加にともない増える空き家の火災問題!その主な原因は?

空き家の増加にともない、空き家の火災問題も増加傾向にある近年ですが、そもそもなぜ誰もいない空き家で火災が発生するのかというと…その最大の原因として挙げられるのは「放火」です。
誰もおらず監視の目もないからこそ、空き家は放火犯に狙われやすいのです。
放火以外の空き家火災の原因としては「タバコのポイ捨てによる出火」「ガス漏れによる引火や爆発」「配線機器トラブルによる出火」「コンセントプラグのトラッキング現象などによる自然発火」「庭などに侵入した者の火遊び」などが挙げられます。

空き家火災を発生させないためにやっておくべき対策とは?

空き家火災の原因の多くは「空き家の管理不足」から来ているものです。
きちんと管理された空き家なら放火やタバコのポイ捨て、火遊びなどもしにくく、ガスや配線機器などが原因の出火も起こりにくいです。
ガスは解約して閉栓、定期的に掃除や草刈りなどの管理をしてコンセントにホコリが溜まっていないかどうかなどもチェックし、もちろん戸締りもきちんとしておきましょう。
人が来るとセンサーで明かりがつく自動照明の設置もおすすめですし、頼めるならご近所の方に「何か気になることがあれば連絡を」とお願いしておくのも手です。
「自分では行き届いた管理ができない」という場合は、空き家専門の管理会社に依頼しましょう。

空き家火災の責任は誰にあるのか?

もし空き家で火災が起こった場合、その責任は誰にあるのかは気になるところですが、「故意や重過失による火災でなければ、空き家所有者が損害賠償などの責任を負うことはない」というのが基本的な法的解釈です。
ですから放火などによる空き家火災の責任は、所有者にはありません。
ただし、故意や重過失による火災となると話は別です。
たとえば「屋内の電気配線の劣化がひどいことを承知のうえで放置していたら、それがショートして発火した」というような場合は所有者の重過失による火災とみなされる可能性が高く、そうなれば損害賠償の責任も負うこととなります。
こうした「もしもの時の責任」を取らされることにならないためにも、空き家の管理は必要だということです。
管理がどうしても難しい場合は、できるだけ早期に売却してしまいましょう!

空き家火災の責任は誰にあるのか?

まとめ

今回は空き家火災の原因や未然に防ぐための対策、火災発生時の責任所在などについて解説しました。
空き家を所有するなら適切な管理を、管理ができないのであれば早急な売却をするよう心がけましょう!
草加市の不動産売却・買取のご相談は、私たちLINE不動産株式会社お任せください。

 売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら




≪ 前へ|永住権なしの外国人が住宅購入や住宅ローン利用をすることは可能なのか?   記事一覧   不動産売却時の必要書類とは?売却前から決済まで解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る