048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 現状渡しによる不動産売却や購入について解説!そのメリットやデメリットは?

現状渡しによる不動産売却や購入について解説!そのメリットやデメリットは?

≪ 前へ|家の売却を検討している方人へ!リースバックというシステムについて解説   記事一覧   不動産などの遺産相続予定がある人へ遺産分割協議の進め方やトラブル解決策|次へ ≫

現状渡しによる不動産売却や購入について解説!そのメリットやデメリットは?

カテゴリ:購入

現状渡しによる不動産売却や購入について解説!そのメリットやデメリットは?

今回のテーマは「現状渡しによる不動産売却および不動産購入」です。
この記事では、現状渡しの概要と売主・買主それぞれのメリットやデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却や不動産購入における現状渡しとはどういうもの?

不動産売却や不動産購入における現状渡しとは「売買対象となる不動産にリフォームや修繕などの手を加えず、今あるそのままの状態で引き渡す」という取引方法のことを指します。
ただし、現状渡し=修繕などをせずに引き渡すからといって、不具合や故障・欠陥などの瑕疵を売主が黙っていることは許されません。
瑕疵については重要事項説明書などでの告知義務があり、もし告知されていない瑕疵が見つかったら売主は契約不適合責任を負い、買主からの損害賠償請求などに応じなければなりません。
つまり現状渡しとは「瑕疵があったとしても売主は包み隠さず告知し、買主はその瑕疵があることを承知のうえで購入する」というものなのです。

現状渡しでの不動産売却や不動産購入のメリット

現状渡しでの不動産売却による売主のメリットは、「リフォームや修繕などのコストと時間をかけることなく、すぐに売り出せる」という点でしょう。
早く売り出せる分だけ、早期売却も期待できます。
あと、不動産会社に現状渡しで直接買取をしてもらう場合は売主が契約不適合責任を負う必要はありませんので、契約不適合責任というデメリットを回避したい方にはおすすめです。
現状渡しでの不動産購入による買主のメリットは、「リフォーム済み・修繕済みの不動産よりも安く買える」ということでしょう。
また、購入後に自分が好きなようにリフォームできるという自由度の高さもメリットといえます。

現状渡しでの不動産売却や不動産購入のデメリット

現状渡しでの不動産売却による売主のデメリットは、「売却価格が安くなりがち」「不動産業者に直接買取してもらわないかぎりは契約不適合責任を負うリスクがつきまとう」という点でしょう。
そして現状渡しでの不動産購入による買主のデメリットは、「物件購入費以外に、リフォームや修繕のための費用と時間がかかる」「大規模リフォームやリノベーションとなると仮住まいが必要になるケースもある」といったことが挙げられますよ。

現状渡しでの不動産売却や不動産購入のデメリット

まとめ

今回は現状渡しでの不動産売却や不動産購入のメリット・デメリットについて解説しました。
不動産売買において当たり前のようにおこなわれている現状渡しですが、売主買主双方にそれなりのメリットとデメリット両方があることは理解しておきましょう。
草加市の不動産売却・買取のご相談は、私たちLINE不動産株式会社お任せください。


 売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら




≪ 前へ|家の売却を検討している方人へ!リースバックというシステムについて解説   記事一覧   不動産などの遺産相続予定がある人へ遺産分割協議の進め方やトラブル解決策|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る