048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 親子リレー返済型住宅ローンの仕組みやメリット・デメリットなどを解説!

親子リレー返済型住宅ローンの仕組みやメリット・デメリットなどを解説!

≪ 前へ|不動産などの遺産相続予定がある人へ遺産分割協議の進め方やトラブル解決策   記事一覧   親に住宅購入資金を援助してもらいたい人へ!援助の頼み方や非課税枠|次へ ≫

親子リレー返済型住宅ローンの仕組みやメリット・デメリットなどを解説!

カテゴリ:住宅ローン

親子リレー返済型住宅ローンの仕組みやメリット・デメリットなどを解説!

今回は住宅ローンのなかでも「親子リレー返済型の住宅ローン」について解説します。
親子リレー返済型住宅ローンの仕組みやメリット、そしてデメリットや注意点などについて解説しますので、マイホーム購入検討中の方はぜひ今回の情報を参考情報としてお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレー返済型住宅ローンの仕組みや主な条件について

親子リレー返済型の住宅ローンは「親子リレーローン」「親子ローン」などとも呼ばれるもので、その名が示すとおり、ひとつの住宅ローンを親と子の2世代でリレー式に返済していくという仕組みの住宅ローンです。
「最初は親世代が返済をしていき、親が定年を迎えたら子が返済を引き継ぐ」というような形で返済していきます。
親子リレー返済型住宅ローンを利用するための条件は金融機関によって若干の違いがありますが、主な条件としては「同居親子もしくは同居予定の親子で借りること」「親の借り入れ時の年齢が70歳未満かつ、子の最終返済時年齢が満80歳未満であること」「親子ともに安定収入があること」などといったものが挙げられます。

親子リレー返済型の住宅ローンにはどんなメリットがある?

親子リレー返済型の住宅ローンのメリットは「1人で借りるよりも借り入れ可能額を大きくできるうえに、余裕を持った返済期間設定もできる」ということです。
一般的な住宅ローンによくありがちな問題として「子が借りようにも、子の収入だけでは借り入れ可能額が少ない」「親が借りようにも、年齢のことを考えると返済期間を短くせざるを得ず、その分毎月の返済が苦しくなる」といったものが挙げられます。
親子リレー返済型住宅ローンは、そうした問題を解決できる手段であるといえるわけです。
あと、親子ともに住宅ローン控除を受けられるという点もメリットとして挙げられます。

親子リレー返済型の住宅ローンのデメリットや注意点とは?

親子リレー返済型の住宅ローンのデメリットは「子の負担が大きくなるリスクがある」ということです。
親子リレー返済型の住宅ローンにおいて、ほとんどの場合、団体信用生命保険に加入できるのは子だけであり、親の返済期間中は子が連帯債務者という立場になります。
したがって親が早く亡くなっても「親が返済するはずだったローン分はチャラ」とならず、残債はそのまま子世代が引き継がなければならないのです。
また前述のとおり「親の返済期間中は子が連帯債務者」という状況であるため、子の返済がまだスタートしていない状態でも他の住宅ローンを借りるのはほぼ不可能というのも、大きなデメリットといえるでしょう。
あと注意点としては「親と子のローン比率にあわせて不動産の持分を登記する必要がある」というのが挙げられます。
ローン比率とは異なる持分で登記すると、贈与とみなされてしまう可能性があります。

親子リレー返済型の住宅ローンのデメリットや注意点とは?

まとめ

今回は親子リレー返済型の住宅ローンについて仕組みやメリット・デメリット、注意点などを解説しました。
親子リレー返済型の住宅ローンは、メリットもデメリットも大きい制度ですので、どちらもしっかりと理解したうえで利用検討しましょう。
草加市の不動産売却・買取のご相談は、私たちLINE不動産株式会社お任せください。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産などの遺産相続予定がある人へ遺産分割協議の進め方やトラブル解決策   記事一覧   親に住宅購入資金を援助してもらいたい人へ!援助の頼み方や非課税枠|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る