048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 空き家は売るべき?貸すべき?|ポイントをご紹介

空き家は売るべき?貸すべき?|ポイントをご紹介

≪ 前へ|住宅ローンを組む年齢の目安・年齢制限は?何歳までに組むべき?   記事一覧   タンス預金のメリット・デメリット|安全性やリスクは?|次へ ≫

空き家は売るべき?貸すべき?|ポイントをご紹介

カテゴリ:売却
相続した実家など、誰も住む予定がない家は空き家になってしまいます。
空き家は放置したままだと様々なリスクがあるので、活用方法を考えていきましょう。
今回は空き家を所有している方へ、空き家を売るか貸すかのポイントについてご紹介していきます。

空き家を「売る」か「貸す」かは悩みやすいポイントです。
後で各項目詳しく特徴を挙げますが、ざっと以下のようなメリットやデメリットがあります。

●空き家を「売る」
 ・売却によりまとまった資金が手に入る
 ・維持に必要な管理や出費の心配がない
 ・売却に費用が掛かる
 ・資産を手放すことになる

●空き家を「貸す」
 ・資産を手放さずに家賃収入を得ることができる
 ・入居者による手入れがされるため建物が傷みにくい
 ・空室リスクや入居者とのトラブルがある可能性がある
 ・入居者のマナーによっては、建物が傷むことがある

大きく変わるのは、資産を手放すか、手放さずに管理するかとなっています。
各項目で詳しく見ていきましょう。

空き家を「売る」メリットからです。

まずは、売却によってまとまった資金が手に入ります。


空き家が不便な場所にある場合や、移り住む予定がないのであれば、売却を選択するのがおすすめです。

管理に必要な手間やトラブルの心配もありません。


デメリットとしては、資産を手放してしまうことです。

売却してしまえば自らの資産ではなくなってしまいますので、後で移住をしたいと考えても一度手放してしまえばそれも難しいでしょう。

また、売却にも費用が掛かります。

そして、空き家の立地や築年数などによっては売却自体が難しく、買い手がつかない場合もあります。


では、空き家を売るためにはどうすればいいでしょうか。


まずは、その不動産が売れる状態かしっかりチェックすることが大切です。

権利関係、境界の確認、建物の状態など現状をしっかりと把握しましょう。


もし、建物が老朽化しているのであれば、解体して更地にした方が買い手がつくこともあります。

解体費用が掛かりますが、築年数が20年以上経過している建物であれば、検討してみるのも良いでしょう。


売却の際は長期になることを想定して売却計画を立てることが大切です。



続いて「貸す」際のポイントを紹介します。

まずは、資産を手放さずに家賃収入を得ることができるのが一番のポイントです。


長年家族が住んでいた、など思い入れのある家を手放したくない場合や、のちに住む予定がある場合は「貸す」ことをおすすめします。


入居者が入れば日常的に換気や掃除などの手入れがされるので、ずっと空き家であることと比較すると建物が傷みにくいです。

再開発などで地価の上昇が見込めるのであれば、いったん賃貸で運用して地価が上がったら売却するという方法もあります。


デメリットとしては、賃貸では空室のリスクや入居者とのトラブルが考えられます。

また、入居者のマナーによっては空き家にしておくよりも建物が傷んでしまうこともあります。



空き家を「売る」か「貸す」かについてご紹介しました。

それぞれにメリット・デメリットがあり判断は難しいですが、

空き家の状態やご自分のライフプランに合った選択をするのが良いでしょう。



≪ 前へ|住宅ローンを組む年齢の目安・年齢制限は?何歳までに組むべき?   記事一覧   タンス預金のメリット・デメリット|安全性やリスクは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る