048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホームに住みながら不動産売却をするメリットと注意点

マイホームに住みながら不動産売却をするメリットと注意点

≪ 前へ|独身女性が購入する場合のマンション選びのポイントとは?   記事一覧   離婚後も家に住み続けるメリットとは?財産分与の方法や手続きの注意点も解説|次へ ≫

マイホームに住みながら不動産売却をするメリットと注意点

カテゴリ:売却
マイホームの不動産売却を考えると、「住みながら売却活動はできる?」との疑問に行き当たるかもしれません。
答えからいえば、住みながらの売却活動はできます
では、住みながらの売却活動はどんなメリットや注意点があるのかを解説します。

住みながらの売却活動

冒頭でも申し上げた通り、住みながらの売却活動は可能です。
実際に住みながらその家を売るケースも珍しくありません。

●引き渡しについて
一般的には売買契約を締結した後、1週間ほどで引渡しをおこないます。
買主に引き渡す前日までに引っ越せばよいわけですが、住みながら不動産を売る場合は、急いで仮住まいを探し、引っ越し作業に迫られることもあります。

買主との交渉ができれば、引渡日を契約の1カ月後や三カ月後など後に延ばすことも可能ですので、交渉次第ともなります。

「空き家」とどっちがよい?


不動産売却を検討している方は、「空き家にした方が売れやすい」と耳にされたことがあるかもしれません。
しかし、「住みながら」ならではの利点も多くあります。
まずは、「住みながら」と「空き家」にする場合のそれぞれの特徴と違いを知っておくことが大切です。

●空き家のメリット・デメリット
床面の露出が多くなった室内は、広く印象づけることが可能です。
また、不動産会社にカギを預けて頼んでおくことで、いつ内覧希望者が現れても、日程調整をせずに見学してもらえます。
売主が立ち合いのために、外出を控える必要もありません。

しかし、デメリットもあります。
たとえば、人が住まなくなった「空き家」では、家は急速に劣化が進みます。
もちろん定期的に訪れて、掃除や換気は必要です。
また、「空き家」にする場合は、劣化をする前に売ってしまおうと値下げしすぎないことも注意点です。


●住みながらと比べて
人が住んでいる状態での売却は、掃除などメンテナンスを行うことができるので、家が傷みにくいです。
また、内見の際に家具を配置したリアルな暮らしをイメージすることができます。

「住みながら」の不動産売却には、ほかにもメリットがありますので、次でさらに詳しく見ていきましょう。

住みながらのメリット


●資金を確保しやすい
マイホームの住み替えをする場合、「売り先行」と「買い先行」という方法があります。
「売り先行」とは、今住んでいる不動産を先に売ってから住み替え先となる新居を購入することです。
「買い先行」は、住み替え先となる新居を先に購入してから、今住んでいる物件を売ることです。

住みながらの売却活動は、「売り先行」にあたります。
売り先行の大きなメリットとして、手元に資金が確保しやすいこと、そして、資金計画が立てやすいことが挙げられます。
先に不動産を売る「売り先行」では、新居の購入前に、売却代金が確定します。
そこで住宅ローンを完済できるかが明確になります。
売却益で住宅ローンを完済させ、残った売却益を住み替え先の新居の購入資金に充てるというパターンが、よくおこなわれるケースです。

このように、「売り先行」で住みながらおこなう不動産売却では、お金の流れがみえやすいため、住み替えの資金計画も立てやすいのです。
とくに、自己資金が十分でない場合は、売ったことで、新居の購入資金を増やせることも魅力的なメリットです。

また、買い先行で住み替え先を購入する場合、新居に住みはじめてからも、旧居が売れるまで、両方の家にローン返済がかかります。
不動産が売れるまでに時間がかかれば、その間、ダブルで住居費もかかっている状態です。
一方、住みながら不動産売却する場合は、二重にローンがかかる不安がなく、結果的にダブルで支払うよりも安く済ませられる可能性があります。
売却活動に係る費用面でも、「売り先行」気メリットがあるといえます。


住みながら不動産売却を成功させるための注意点


不動産を早期売却に導くには、「内覧」が大切です。
しかし、住みながら売る場合は、今現在、生活している家のなかを見せることになるので、その分、細やかな気遣いをすることが注意点です。
ポイントは、生活感を出さないこと。
たとえば、見学者の目に映る場所に日用品が転がっていたり、洗面所やトイレなど水まわりの清潔感が欠けていたりなどは注意点です。

部屋に入ったときの第一印象を損ねては、売却成功が遠のきます。
毎日、暮らしている場所なので、生活が垣間見えるのは自然でもありますが、生活感を感じさせないひと工夫が成功のカギとなるでしょう。


●今すぐ取り組める!「内覧」対策と注意点
住みながらの内覧を成功させるコツは、
まず、準備段階では「掃除」「片付け」が肝です。
注意点になるポイントは、不要なものを捨て、必要なものを見えないところに片付けることです。
そうすることで雑然とした住空間では気づかなかった汚れにも気づき、より美しい印象の家に近づくでしょう。

同時に、内覧でよくチェックされる水まわりもしっかりお手入れしておきましょう。
また、準備期間に見学にきた内覧者に渡す資料を作るのも手です。
新築の不動産では、設備や仕様を書いたパンフレットがあります。
同じような資料に、間取り図なども書かれてあれば、内覧者の印象をアップするだけでなく、具体的に検討してもらえるきっかけになるかもしれません。

内覧は、週末に希望されることが多いです。
当日は、見学しやすいように室内の照明をすべてつけて、スリッパを用意してお迎えしましょう。
内覧者に挨拶をしたら、あとはその場を離れます。

もし内覧者が価格の話をしたくなった場合に、買い手と不動産会社とが話しやすい状況をつくっておくと、タイミングを逃しませんね。


まとめ
住みながら不動産売却する場合のメリットや注意点などを解説しました。
資金に余裕がある場合は「空き家状態」での売り出しもおすすめですが、ローンの完済に売却益を活用できる「住みながら」も多くの人が選択しています。
ぜひ、ご家族にあった方法をご検討ください。


≪ 前へ|独身女性が購入する場合のマンション選びのポイントとは?   記事一覧   離婚後も家に住み続けるメリットとは?財産分与の方法や手続きの注意点も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る