048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を遠方からする方法とその流れとは?注意点をご紹介

不動産売却を遠方からする方法とその流れとは?注意点をご紹介

≪ 前へ|2022年度最新!新築戸建て購入でもらえる補助金・助成金まとめ   記事一覧   不動産売却の税金、こんなに高いの?! 税金対策したい人のための基礎知識|次へ ≫

不動産売却を遠方からする方法とその流れとは?注意点をご紹介

カテゴリ:売却

親が住んでいた住まいを相続したなどの場合、遠方に物件があるケースがあります。


その際に空き家になることがあり、不動産売却を検討することもあるでしょう。
この遠方の不動産を売却する方法や流れ、注意点についてくわしくご紹介します。

 

不動産売却を遠方からする方法

遠方にある不動産を売却する方法はいくつかあります。
不動産会社に頼んで仲介をしてもらい契約書を買主と売主に郵送し、買主と売主の署名・捺印をもらって、買主は期日までに手付金を振り込むという持ち回り契約という方法があります。
次に代理契約をする方法があり、親族や近隣に住む知人に代理人になってもらいます。
その際に委任状を用意することで、代わって売買契約をすることが可能です。
そしてもう一つの方法として司法書士に依頼する方法があり、もし代理人を頼むことができないときに司法書士に委任状を渡し手続きをすることができます。

不動産売却を遠方からする際の流れ

まずは、売りたい物件の査定を不動産会社に依頼し、どのくらいの価格で売ることができるかを確認しましょう。
その際に、その物件から近い不動産会社に頼むと売買がスムーズになります。
そして現地の物件に出向くか、不動産会社に鍵を郵送し、買主に実際の住宅を見てもらい条件が合えば不動産会社と契約をします。
その後は不動産会社に売却活動をしてもらいますが、このときに遠方なので不動産会社からの報告が大切になります。
また実際に現地に出向き買主と会うことが難しいようであれば、売買契約書を郵送してもらいその契約を結ぶと決済、物件の引き渡しになります。

不動産売却を遠方からする際の注意点

不動産会社と専任系媒介契約をすると、営業活動報告が義務となっているためしっかり報告を受けることができます。
この売却報告を受ける際の注意点は、今後の広告の予定や問い合わせ検討の状況、競合する物件の情報をとくにしっかり説明してもらう点です。
その報告を聞くことで価格を変更すべきか、購入希望者の反応をくわしく知ることができます。
そして遠方の不動産を売却する場合は、住んでいる場所とは管轄が違うため役所などでの手続きをする必要があり、確認作業があったりと時間がかかることがあります。
さらに売却報告も電話やメールでするため、こちらも手間や時間がかかる要因となります。
また現地に行く必要があるケースもあり、契約日に購入希望者と交渉をおこなうこともあります。

まとめ

遠方にある不動産を売却するときの方法として代理人を立てる方法があります。
遠方からする場合、やり取りに時間がかかるため注意しましょう。
これらの知識を身につけておくと、たとえ遠方であっても不動産をスムーズに売却できることにつながります。


 

≪ 前へ|2022年度最新!新築戸建て購入でもらえる補助金・助成金まとめ   記事一覧   不動産売却の税金、こんなに高いの?! 税金対策したい人のための基礎知識|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る