048-948-6162

営業時間:
10:00~18:00
定休日:

草加市で不動産購入・売却|LINE不動産 > LINE不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時にかかる不動産取得税の計算方法と軽減措置とは?

不動産購入時にかかる不動産取得税の計算方法と軽減措置とは?

≪ 前へ|【2022年度版】中古住宅購入時に使えるお得な減税・税制優遇制度、補助金とは? 制度の内容と要件を一挙解説!   記事一覧   住宅地が全国平均で31年ぶり上昇 22年の基準地価|次へ ≫

不動産購入時にかかる不動産取得税の計算方法と軽減措置とは?

カテゴリ:購入
不動産購入する際には、不動産取得税が発生します。

今回は、不動産取得税の計算方法や軽減措置、そもそも不動産取得税がどんなものなのかを解説します。
ぜひ、マイホーム購入を検討している方は記事をご一読ください。

不動産購入時にかかる不動産取得税とは?

不動産取得税とは、地方税の一種で、建物や土地を購入したときに一度だけ課せられる税金のことです。
新築でも中古でも、不動産購入時には必ず不動産取得税を支払わなくてはなりません。
ただし、両親や祖父母から建物や土地を相続した場合は、不動産購入ではなく所有権の移転にあたるため、


不動産取得税は発生しません。

また、法人の合併や分割、吸収などによる取得や公益目的の場合も課税されません。
しかし、遺言などによる相続人以外への遺贈は課税対象となります。
いつ支払うのかは、不動産購入から60日以内となっています。


不動産購入時にかかる不動産取得税の計算方法


計算方法は、固定資産税評価額×税率で求められます。
不動産取得税の税率は原則4%です。
軽減措置後は3%となります。

ただし建物と土地では計算方法が異なります。

建物の場合は上記の計算方式ですが、土地の軽減措置を適用した場合は、下記のとおりです。
固定資産税評価額×1/2×3%です。


なお、不動産購入時にかかる不動産取得税の軽減措置は2024年3月31日までとなっています。


不動産購入における不動産取得税の軽減措置とは?


不動産取得税の軽減措置は法律で定められた税率を軽減してくれる制度です。
原則4%の税率を3%にできるため、固定資産税評価額によっては数十万円ほどお得になる可能性があります。

軽減措置には条件があります。

土地の場合は、4万5,000円か土地1㎡あたりの固定資産税評価額×1/2×住宅の課税床面積×2×3%か、多い方を減額可能です。

住宅と一緒に土地を取得する場合は、築1年以内に住宅を取得することが条件です。

新築の場合は、1戸あたりの床面積が50〜240㎡の範囲で、不動産価格から1,200万円が控除されます。
中古の場合は、1戸あたりの床面積が50〜240㎡の範囲の場合、不動産取得者の居住が条件です。

それぞれ条件に該当しているかどうかは登記簿謄本の確認や不動産会社に問い合わせると良いでしょう。



不動産購入時にかかる不動産取得税では、2024年3月31日まで軽減措置があるため、申請をおこないましょう。


そのまま支払っている場合は、条件に該当するのか確認のうえ税務署に相談することで還付される可能性があります。

≪ 前へ|【2022年度版】中古住宅購入時に使えるお得な減税・税制優遇制度、補助金とは? 制度の内容と要件を一挙解説!   記事一覧   住宅地が全国平均で31年ぶり上昇 22年の基準地価|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • エリア情報
  • Instagram
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Twitter
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る